『アイドルマスター XENOGLOSSIA』専門ブログ
ナエトル同盟

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20151227_150251.jpg
スポンサーサイト
20151127_193048.jpg
反省はしている
http://yamanashirei.blog86.fc2.com/blog-entry-1898.html

よりにもよって最悪のところからゼノグラシア否定論が出てしまった。
俺この人めちゃくちゃ嫌いなんですよ、正直。
業界論(全部妄想)に終始して、自分にとって何が面白くなかったかをごちゃごちゃにしてしまっているあたりがいつも通り。

一応否定派に入る俺にとっては割と最悪のフレンドリーファイアだけど、動きが遅いほうが悪いから仕方ない。
まあ、こういうトンチキにばかり否定されてきたらファンがいろいろと歪んでしまうのも仕方がないのかもしれない。
外野が晒すのはどうかと思って黙ってたけど、あまりにもデマが広まっているようなので。

https://twitter.com/mihoyuka_/status/517624563878723584

みほゆか
‏@mihoyuka_
「どうせ『小説家になろう!』で評価されるのは異世界チートハーレムものなんだろ!」とブチ切れて、そのまんま『異世界チートハーレム』というタイトルで異世界でチートによりハーレムを築く話を投稿したら、ブックマークが61件ついて、日間ランキング6位にランクインしてもうどうでもよくなった。



https://twitter.com/yunker_y/status/565107697771487232

渋谷凛のいない放課後
‏@yunker_y
@srpglove みほゆかって人は「なろうで俺tueeeハーレム書いてりゃ評価されるんだろって実際書いたら日間1位になった(意訳)」って感じのツイートがRT伸びてラノベ天狗氏もRT言及してました。実際それっぽいアカウントも作品も見当たらなかったのでその発言は釣りっぽかったですが



この「異世界チートハーレム」は存在します。
http://novel18.syosetu.com/n9399ch/

どうも、「小説を読もう!」が18禁以外の「小説家になろう」で投稿された小説を閲覧するためのサイトのひとつ、ということをわかっておらず、「小説家になろう」と一体だと思っている人が多いらしい。

https://twitter.com/srpglove/status/517993148425838592

「最近のラノベ」bot
‏@srpglove
6件ヒットしたけど「異世界チートハーレム」そのまんまのタイトルはなかった。どれ?削除済み?


結局お前が元凶かい!(チャンチャン
ごたごたしてますが一応生きてます
ゼノグラシア以外については書かないつもりだったが、広告消しついでに書いておこう
攻略情報はありません

・着眼点はいい
課金がどうとかいくらでも非難はできるが、まあそんなに悪いもんでもない
こういうのは金がかかってたほうが白熱するからね
ただ、実際遊んでみると(2日目1080円分遊んだ)、やはりというか任天堂の致命的なセンスのなさが垣間見える

・いいかげんにしろファミコンドット絵病
まずは公式サイトの紹介映像を見ていただきたい
http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/jwvj/index.html
動画単体はこっち
https://www.youtube.com/watch?v=wA0E751i3pk

冒頭の使い方だが…ひどいの一言に尽きる
たとえ一時的でも、こんな下品な使い方のために大事なレイアウトを崩したくはない
任天堂は本気でこんな機能を弄んだごっこ遊びが楽しいと思ったのだろうか?

スーパーマリオブラザーズ以外にはドット仕様の本体機能起動バッジもあるのだが、
これが全部同じ色という手抜きっぷり
そもそもドット化している時点でだいぶ視認性が落ちているというのに…
初日限定の景品にしているあたり出来の悪さは自覚しているのだろうが、
じゃあ最初からリリースすんなよ

ただでさえクラブニンテンドーなどの異常なファミコンドット推しに辟易しているというのに、
もうあのドット絵もどきを見るのも嫌になってきたぞ

・なんのための自動受信?
俺はソフトの自動受信をオンにしていたし、任天堂の公式情報も週に1回はチェックしている
それでも初日プレイを逃してしまったのは、俺の不注意とは言い切れないだろう
なにせ、ベイマックスの動画はご丁寧に受信できていたからな!

とりあえず俺の観測範囲では、バッジとれーるセンターは自動受信の対象ではないらしい
それどころかおしらせによる予告すら一切なし、eショップで直接目にする以外の方法はない
それでいて初日限定のバッジということは、それらのバッジは超能力者向けのボーナスなのだろう

憶測だが、このゲームは社内でもリリースすべきか意見が割れていたのではないか?
そうだとすればギリギリまで情報がでなかったのもうなずける

あと、これを機会にソフトの自動受信はオフにしました

・大事なことが書いてない説明書
バッジは複数個持つことができ、逆に1個とっただけでは2個以上は配置できない
つまりお気に入りのバッジや作りたいレイアウトのために2つ以上配置したいバッジは、何度もキャッチャーで獲得する必要がある
それ自体どうかと思うのだが、そんな大事なことが電子説明書にもソフト内ガイドにも書いてない!
どうも任天堂は説明書に大事なことを書かない癖があるようだ

・先行者利益万歳!
上記のとおり配信開始日である12月17日時点ですでにその日かぎりの「まもなく終了」の台が6台、ある
翌日である今日、12月18日にも6台の「まもなく終了」の台があるので、初日2日で12台もの限定台があることになる
台が終了するだけなので景品自体は再出品の目もあるが…その望みは薄いだろう
これを読んでバッジとれーるセンターを始めようと思ったあなた、もう遅いですよ

12/20追記:
なんと終わった台ごと平然と再出現することが判明した…
まあ、いずれ消滅するには変わりないが
任天堂は「終了」という言葉を字引きしたほうがよいのでは?

・圧迫される画面設定メニュー
IMG00415.jpg

御覧のとおり、ただでさえ「テーマを変える」の追加でメニューが圧迫されていたのだが、
「バッジをかざる」の追加によって画面の明るさ調整に手間と遅延が生じるようになってしまった
そもそも、こんなところに押し込むこと自体が狂気の沙汰なのだが…
サイトのデザインやウェブサービスにはセンスのなさがたびたび露呈してきた任天堂だが、
もはや基本的なインターフェースにすらそのダサい&不便の波が押し寄せてきたのだろうか…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。